リンク

無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2015年2月 »

2014年11月

2014年11月 6日 (木)

謡「井筒」:超難しい「ノル」

元来音痴なので苦戦する謡(仕舞に苦戦していないとは言ってません・・・)ですが、今やっている名曲「井筒」、それの一番の盛り上がりどころ、ほんとに難しい!通常は何回か録音について謡えば掴めてくるのですが、これは未だにぼろぼろです・・・
「ノって」謡う、のは、今までやったのは音の上げ下げはあまりないもの、単純なもので刻んで謡っておけば良かったのですが、「井筒」は「クセ」くらい?に音が推移しながら0.5拍×2,たまに×3といった感じなのがすごく謡いにくいのです・・・
クライマックスのところでこれこそ情感をこめて謡ってこそ、なんですが、私には難しすぎるので、ご紹介だけします。

(「ノル」)
筒井筒。
地「つゝゐづつ。井筒にかけし。
シテ「まろがたけ。
地「生ひしにけらしな。
シテ「老いにけるぞや。
地「さながら見みえし昔男の。冠直衣は。女とも見えず。男なりけり。業平の面影。
(ここからは「ノラズ(合)」)
シテ「見ればなつかしや。
地「我ながらなつかしや。
亡婦魄霊に姿はしぼめる花の。色なうて匂。残りて在原の寺の鐘もほのぼのと。
明くれば古寺の松風や・芭蕉葉の夢も。破れて覚めにけり夢は破れ明けにけり。

« 2014年10月 | トップページ | 2015年2月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ブログパーツ


  • ジオターゲティング

バナー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック