リンク

無料ブログはココログ

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月22日 (日)

通圓茶屋:「頼政」のパロディの狂言「通円」

平等院の近く、宇治橋のたもとの茶屋、「通圓」さんは平等院で亡くなった、源頼政の家臣だった人のお店が続いてきたもので、お店のHPによると創業1160年!とのことです。こちらで抹茶と桜の2色のソフトクリームをいただきました。桜は桜餅の風味で、抹茶はもちろんしっかり抹茶味、美味しかったのですが、同行の友人はこのお店の由緒より、食い気に走っていました・・・
Img_06652
能「頼政」のパロディの狂言で「通円」という曲があります。頼政の戦いをお茶に置き換えたものだそうで、拝見してみたいと思いながら、見ていないのですが、独立行政法人日本芸術文化振興の文化デジタルライブラリーの記事によると大勢の人にお茶を点て、ついに点て死にしたという、荒唐無稽ながらも、謡と舞という能の表現形式を用い、詞章も能「頼政」を踏襲する、徹底ぶりだそうです。シリアスな修羅能をそんなんしてええんですか?と思うのですが、いいんでしょうね、しかも、現在にまでこうして伝えられている。日本の伝統文化はなかなかユニークです。

続きを読む "通圓茶屋:「頼政」のパロディの狂言「通円」" »

平等院と「頼政」

修復工事が昨年終わった平等院に行ってきました。
世界遺産!として知らない人はいないかと思いますが、平家打倒の計画をしたものの、奈良に行く途中の平等院での戦いに敗れた源頼政が主人公のお能「頼政」の舞台でもあります。

Img_06552

打倒平氏のための挙兵を計画し、諸国の源氏や大寺社に蜂起を促す令旨を発した以仁王の挙兵。
準備不足のために露見して追討を受け、以仁王と頼政は宇治平等院の戦いで敗死しました。
頼政が軍扇を敷き自害し果てたその跡地が「扇の芝」と伝えられています。
平等院に入ってすぐ、左手にひっそりとあります。

地「是までと思ひて。平等院の庭の面。是なる芝の上に。扇を打ち敷き。
鎧ぬぎ捨て座を組みて。刀を抜きながら。さすが名を得し其身とて。シテ「埋木の。
花さく事もなかりしに。身のなるはてはあはれなりけり。地「跡弔ひ給へ御僧よ。
かりそめながらこれとても。他生の種の縁にいま。扇の芝の草の蔭に。帰るとて
失せにけり立ち帰るとて失せにけり。

Img_06512
Img_06522

続きを読む "平等院と「頼政」" »

2015年3月18日 (水)

4/14,5/19,6/9わかりやすい能と古典文学

大阪市立市民交流センターすみよし北での講座です。画像や謡を交えた楽しい解説をしてもらえます。
「班女(はんじょ)」「半蔀(はじとみ)」「忠度(ただのり)」・・・これはまた、選曲がこう、来てますね。詳細はチラシ画像をご覧ください。

Img011


4/1,5/13,6/3謡蹟探訪会〜中世信仰と文化の道〜

謡蹟探訪会は、お能の史蹟を訪ねる会です。能楽師の説明を聞きながらその場所を見る事ができるのが最大の魅力です。・・・高砂神社ってこないだ私が行ったところじゃないですか!(でも、ブログに掲載していなかったですね。しかも明石に行ったついでに日没との戦いでタッチアンドゴー状態だった私には「名松めぐり」という切り口はなかったですし・・・)
平日の企画なので、この会に参加したことはないのですが、先生の話はわかりやすいところに知る事ができて得した、というお話が多くて面白いです。

4/1  教養講座:奈良県女性センター
5/13  「高砂」「老松」古歌に詠まれた播州松廻り
6/3   「松虫」「巻絹」大阪市内の熊野街道

参加費:各回1,500円(交通費、拝観料、食事代別)
会 員:会費 5回分前納5,000円※月割での途中入会可能

詳細はチラシ画像をご覧ください。
Img010


2015年3月22日(日)第37回なら芝能

毎年恒例の、奈良県庁の芝生の上でのお能公演、「野守」、「春日龍神」とご当地もの(奈良公園近辺及び春日大社を舞台とする)を拝見してきましたが、今回は源義仲の女武者、長刀を使う様が迫力ある「巴」です。

2015年3月22日(日)第37回なら芝能
第1部午後1時~午後2時 第2部午後2時30分~午後4時
第1部 奈良県文化会館小ホール  第2部 奈良県庁舎前芝生広場※雨天時は第1部会場に変更します。
販売金額
解説とワークショップ参加料2,000円(能の鑑賞椅子・解説冊子付)
※立席者は無料(但し定員制限を設けます。)
Img009
【第一部】解説とワークショップ
曲目の解説
【第二部】芝能
子供狂言「口真似」
仕舞「杜若」
一調「氷室」
仕舞「谷行」「雲雀山」「阿漕」
能「巴」

主催:奈良県、NPO法人奈良能

問い合わせ先
NPO法人奈良能 
電話:
0742-22-2660

チケット販売所
◎ 奈良県新公会堂 電話: 0742-27-2630(月曜休館)
◎ 奈良県文化会館 電話: 0742-22-0200(月曜休館)
◎ 奈良県橿原文化会館 電話: 0744-23-2771(木曜休館)
◎ (一財)奈良県ビジターズビューロー 電話:0742-23-8288
◎ (社)奈良市観光協会 電話:0742-27-8866
◎ NPO法人奈良能 電話:0742-22-2660

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ブログパーツ


  • ジオターゲティング

バナー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック